コーヒーカップの種類

コーヒーカップにはさまざまな種類があります。


そもそもコーヒーカップとはどのようなカップなのか、一番の特徴としてはコーヒーの美味しさを損なわないように口が小さめになっているカップのことです。

香りと味わいが飛ばないように、また熱さを長時間保てるように、口が小さく作られているのが特徴です。
逆に口を大きく作っているカップはティーカップです。
紅茶の場合はコーヒーよりも高温で淹れ、飲む前に香りを楽しみます。
なので口が大きいことで多少の温度の低下があっても、飲みやすくなってちょうど良いといえます。

一般的なコーヒーカップはマグカップとも言われていますが、マグカップはコーヒー以外にもさまざまな飲み物に使用されます。

大きめの取っ手付きカップのことを通称してマグカップというので、コーヒーカップとして認識されずに普及したカップともいえますね。

カフェオレ専用のカフェオレボウルというのもあります。

これは取っ手が付いていないタイプのもので、ボウルという名前の通り、お椀や丼のような形をしています。

ティーカップのように口が大きく作られていて、牛乳とコーヒーを同時に入れて作るカフェオレの性質に合わせたカップといえます。

デミタスカップというのもコーヒーカップの仲間です。

はてなブックマークはとにかくお勧めです。

これは、エスプレッソコーヒーに使われる小さいカップのことで、カフェや飲食店などで見たことがある人も多いでしょう。

エスプレッソは通常のコーヒーに比べ量が少ないので、小さいカップが必要になり、デミタスカップがエスプレッソ専用として作られました。



このように、コーヒーに種類があると同じようにカップにも種類があるのです。



それぞれのコーヒーに合ったカップを使って、さらに美味しくコーヒーを味わいましょう。